プロミスNAVI | 消費者金融プロミスの口コミ・評判/審査/申込/金利/返済/借換の専門情報サイト

消費者金融プロミスの審査や金利などの情報について徹底比較!! CMでおなじみのプロミスが選ばれる人気の理由とは?

プロミスの返済に使える銀行・コンビニATMとその手数料まとめ

   

atm02

プロミスの返済で多く利用されている「ATM」

プロミスにはいろいろな返済がありますが、一番利用されている返済方法はATMなのではないでしょうか。

ローンカードがあれば、ATMで簡単にキャッシングができますから、返済もATMで行うのは自然な流れです。

プロミスATMはもちろん、銀行ATMやコンビニATMなど、街に出れば利用できるATMを見つけるのはそれほど難しいことではありません。

利用できるATMはたくさんありますが、それぞれのATMについて良く知っておくとより便利に活用することができます。

返済可能な時間や手数料を知っておけば、無駄な労力とお金を使わなくて済むでしょう。

コンビニはいつでも営業しているため、手数料なんてたかが知れていると思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、いつでも営業しているように見えるコンビニATMでも、利用できない時間はあります。

ほんの少しの手数料でも、何度も利用していれば大きな金額になります。

キャッシングを利用すれば利息を支払うのは当然ですが、支払わなくても良いものは極力支払わないように工夫するのがお勧めです。

 

提携している銀行ATM・コンビニATMまとめ

それでは、プロミスの返済ができる銀行ATM・コンビニATMを確認してみましょう。

まず、同じ三井住友フィナンシャルグループ傘下である三井住友銀行が利用できます。

その他、返済が可能な銀行は以下の通りです。

・三菱東京UFJ銀行

・西日本シティ銀行

・セブン銀行

・イオン銀行

・横浜銀行

・東京スター銀行

・第三銀行

これらの銀行では、キャッシングと返済の両方で利用できます。

ゆうちょ銀行は、「WEB明細に登録」された方のみキャッシング・返済が可能です。

また、クレジットカード会社のクレディセゾンATMも返済可能です。

コンビニでは、イーネット ATM、ローソンATM   ローソンが設置されているコンビニ、そして、セブン銀行ATMが設置されているセブンイレブンでも返済することができます。

また、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートに設置されているメディア端末では返済のみ可能です。

ただし、毎週月曜0時~7時はシステムメンテナンスが行われるため、提携ATMはすべて利用することができませんので注意しましょう。

 

提携ATM利用手数料

利用できる銀行ATM・コンビニATM等がわかったところで、気になってくるのが提携ATM利用手数料でしょう。

以前は無料で利用できた提携ATMですが、貸金業法が改正されたことにより現在では提携ATMを利用すると利用手数料がかかるようになりました。

提携ATM利用手数料は、取引金額によって違います。

2016年現在の提携ATM利用手数料は、返済金額が1万円以下の場合は108円、返済金額が1万円超の場合は216円です。

三井住友銀行は、ATM利用手数料0円(無料)で利用することができます。

また、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートに設置されているメディア端末での返済手数料も0円(無料)です。

そのため、返済をするなら三井住友銀行かメディア端末の利用がお得になります。

なお、返済時に発生した提携ATM利用手数料は、返済時に清算されます。

借入時に発生した提携ATM利用手数料も返済時に清算されるため、提携ATMで返済をすると、最大2回分の提携ATM利用手数料が清算されることになります。

 

意外とバカにできない提携ATM利用手数料

提携ATMを利用して返済をすると利用手数料がかかることはわかりますが、トータルではどれくらい支払っているものなのでしょうか。

たとえば、30万円借りて30回で支払うとすると、毎月の返済金額は1万3,000円になります。

取引額が1万円超の場合、提携ATM利用手数料は216円です。

すべて提携ATMで返済すると、216円×30回=6,480円になります。

返済するだけなのに、手数料として6,480円もかかってしまうのです。

多いと思うか少ないと思うかは人それぞれですが、ギリギリの生活をしている人にとってはバカにならない金額です。

毎回手数料がとられると、非常に大きな金額となりますので、極力手数料無料のATMで返済することをお勧めします

 

手数料無料で返済する一番の方法

提携ATM利用手数料を支払わずに返済するには、プロミスATMか三井住友銀行のATMを利用するのが一番です。

ローソン、ミニストップ、ファミリーマートなど、メディア端末が設置されているコンビニでも、手数料無料で手軽に返済することができます。

しかし、三井住友銀行やメディア端末が設置されているコンビニが近くにない場合もあります。

近くの銀行でも、手数料無料で返済する方法はないのでしょうか。

実は、提携ATMの利用手数料を無料にする方法があります。

それは、プロミスのポイントサービスを利用する方法です。

ロミスのインターネット会員に登録すると、サービスの利用でポイントが貯まり、貯まったポイントを使って提携ATM手数料無料サービスに申込むことができます

提携ATM手数料無料サービスの適用期間は、申込んだ日から翌月の末日までになるので、最大2か月間、提携ATMを無料で利用可能です。

プロミスのフリーキャッシングを利用するなら、迷わずインターネット会員登録をしておきましょう。

 

プロミスの申込方法を確認する

promise02
実質年率 ◎ 4.5%~17.8
限度額 ◎ 1〜500万円
審査スピード ◎ 最短30分回答
融資スピード ◎ (最短)即日融資も可能
融資率 ◎ 人気No.1の成約数

プロミス(SMFGグループ)の3大ポイント

①人気のCM!ブランド力抜群! 融資額、融資率もよくスペックは日本トップクラス。

②なんとネットで3項目での3秒診断。WEB契約なら即日融資も可能

※(お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。)

③最短で30分で審査完了! 無利息期間30日間。なんと最大融資額が500万円。

※詳しくはプロミス公式サイトでご確認ください

↓↓プロミスのお申し込みはこちらから↓↓type1_on

お薦めカードローンランキング

アイフル

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.5~18.0% 500万円 30日
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・30日間無利息サービス

・あなたの銀行口座へ最短で振込み! 土・日・祝日・夜間でも、申込・借入・返済OK!

・フリーター、主婦でも安定した収入があれば申込可能!

プロミス

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.5~17.8% 500万円 30日
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 どちらも
特徴

金利は他と比べると少し高めになりますが、圧倒的に審査に通りやすく、即日融資も可能です。
無利息期間が30日間あるので、給料日前の急な出費などに使いたいサービスです。

かなり簡単にお金が借りられてしまうので、借りすぎには注意が必要です。

モビット

金利 借り入れ限度額 無利息期間
3.0~18.0% 800万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 どちらも
特徴

審査から借入までのスピードが圧倒的に早く、来店不要&電話なし&郵便物なしの「WEB完結申込」で申込めば、申込みから借入れまで、すべての手続きをホームページ上で済ませることができます。

また、急いでいる時はコールセンターに「急いでいる旨」を伝えると審査を急いでくれるという対応もしてくれます。

 - プロミス(SMFGグループ) 返済

promise