プロミスNAVI | 消費者金融プロミスの口コミ・評判/審査/申込/金利/返済/借換の専門情報サイト

消費者金融プロミスの審査や金利などの情報について徹底比較!! CMでおなじみのプロミスが選ばれる人気の理由とは?

プロミスで低い金利にする3つのコツとは?

   

家計簿を書く女性

低金利でお金を借りることの重要性

キャッシングを利用する場合に、何よりも重要なのが金利です。

同じ金額を借りたとしても、できるだけ低い金利で借りたほうが利息が少なく済むので、完済がしやすくなります。

利息が高く決められた日に返済ができなくなってしまうと、最悪の場合、ブラックリスト入りになってしまい、様々な金融サービスを受けることができなくなってしまうので、利用前には各社の金利を比較して低い金利で利用できる消費者金融を選ぶようにしましょう。

プロミスのフリーキャッシングは金利が4.5%~17.8%で、消費者金融の中でも金利が低くなっています。

また、これから紹介するようなコツを上手に活用することで、さらなる低金利での借り入れも可能になります。

 

コツ1:利用限度額を増やす

一般的に、キャッシングの金利というものは、利用限度額が大きくなるにつれて金利が下がっていきます。

これは、プロミスのフリーキャッシングでも同じです。

ですから、できる限り利用限度額を大きめに申し込むと金利を下げられる可能性があります。

ここで重要なのは、申し込みの際に利用限度額をあまり多くしてしまうと審査に落ちてしまうリスクがあるということです。

利用限度額というのは、その人が最大で借りられる金額のことですが、これはその人の返済能力に応じて決められます。

金利が低くなるからと、フリーキャッシングの利用限度額いっぱいの500万円で申し込んでも、その人の返済能力を超えていたら審査には通りません。

では、どのくらい利用限度額にすればよいかというと、1つの基準として、年収の3分の1というラインがあります。

消費者金融から借り入れることのできる金額の上限は、総量規制というルールによって前年度の年収の3分の1までに制限されています。

ですから、それ以上の利用限度額を望んでも審査で落とされてしまいます。

年収300万円の人なら100万円、年収600万円の人なら200万円というのが上限ということになります。

 

コツ2:繰り返し利用して実績を積む

低金利でお金を借りるためには、「できるだけ利用限度額を増やす」と言いましたが、初めてプロミスのフリーキャッシングを利用するという人の場合、最初から大きな利用限度額にするのは難しいというのが実情です。

実績がないために、プロミスの審査も慎重になり、一般的に上限が30万円から50万円程度に抑えられてしまうからです。

このくらいの借入金額だと、最高金利の17.8%で利用することになります。

ただし、利用限度額というのは、一度決まったものがずっと適用ではなく、長期間にわたって利用し、実績を積めば徐々に増額することが可能です。

そのためにも、遅延することなくきっちりと返済するようにしましょう。

ほとんどの場合、一年ほど継続して利用していると増額の案内が届きます。

こうして実績を積み利用限度額が100万円を超えると、大きく金利を下げるチャンスとなります。

というのも、キャッシングの金利というのは、利息制限法によって上限が決まっており、100万円以下の借入では上限金利が18%ですが、100万円以上では15%に下がるからです。

また、限度額が100万円に届かなくても実績があれば、初めて利用する人に比べて金利が若干優遇されます。

初心者は17.8%のところが、17%になったり16パーセントになったりするので、低金利でお金を借りるためには、とにかく実績を積むことが大切です。

 

コツ3:おまとめローンを利用する

プロミスの利用を考えている人の中には、すでに他の消費者金融から借入があるという人もいるでしょう。

そのような場合は、おまとめローンを利用すると低金利で融資を受けられる可能性があります。

おまとめローンとは、複数の消費者金融からの借入を一つにまとめるのが目的のローンです。

先ほど説明したように、消費者金融の金利というものは、借入金額が大きくなるほど低くなる傾向にあるので、複数の消費者金融から少しずつお金を借りるよりも、一か所からまとめて借りるほうがお得になります。

消費者金融には珍しく、プロミスには「借り換え専用のおまとめローン」がありますので、他社の借入をおまとめローンに一本化することで利息の負担を軽減することが可能です。

特に、まとめた金額の合計が100万円を超える場合には、金利が大幅に下がるのでおまとめローンを利用するメリットは十分にあります。

おまとめローンを利用する上で知っておきたいのは、「総量規制が適用されない」ということです。

現在、他社からの借入の合計が100万円ある場合、おまとめローンから100万円を借りて、そのお金で他社の借り入れを返済するので、瞬間的に借り入れが200万円になります。

そうなると、総量規制の関係で年収が600万円以上ないと利用できないということになります。

しかし、消費者金融からの借入でも、おまとめローンは適用外なので、年収に関係なく利用することができます

 

低金利で借りれば返済も楽になる!

上記のように、コツを押さえて利用することで、金利を抑えてお得にお金を借りることが可能です。

プロミスは銀行の子会社ということもあって、もともと金利は低めですが、さらに低い金利で借りることができれば、毎月の返済も楽になって良いことばかりでしょう。

 

プロミスの申込方法を確認する

promise02
実質年率 ◎ 4.5%~17.8
限度額 ◎ 1〜500万円
審査スピード ◎ 最短30分回答
融資スピード ◎ (最短)即日融資も可能
融資率 ◎ 人気No.1の成約数

プロミス(SMFGグループ)の3大ポイント

①人気のCM!ブランド力抜群! 融資額、融資率もよくスペックは日本トップクラス。

②なんとネットで3項目での3秒診断。WEB契約なら即日融資も可能

※(お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。)

③最短で30分で審査完了! 無利息期間30日間。なんと最大融資額が500万円。

※詳しくはプロミス公式サイトでご確認ください

↓↓プロミスのお申し込みはこちらから↓↓type1_on

お薦めカードローンランキング

アイフル

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.5~18.0% 500万円 30日
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・30日間無利息サービス

・あなたの銀行口座へ最短で振込み! 土・日・祝日・夜間でも、申込・借入・返済OK!

・フリーター、主婦でも安定した収入があれば申込可能!

プロミス

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.5~17.8% 500万円 30日
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 どちらも
特徴

金利は他と比べると少し高めになりますが、圧倒的に審査に通りやすく、即日融資も可能です。
無利息期間が30日間あるので、給料日前の急な出費などに使いたいサービスです。

かなり簡単にお金が借りられてしまうので、借りすぎには注意が必要です。

モビット

金利 借り入れ限度額 無利息期間
3.0~18.0% 800万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 どちらも
特徴

審査から借入までのスピードが圧倒的に早く、来店不要&電話なし&郵便物なしの「WEB完結申込」で申込めば、申込みから借入れまで、すべての手続きをホームページ上で済ませることができます。

また、急いでいる時はコールセンターに「急いでいる旨」を伝えると審査を急いでくれるという対応もしてくれます。

 - プロミス(SMFGグループ) 返済

promise