プロミスNAVI | 消費者金融プロミスの口コミ・評判/審査/申込/金利/返済/借換の専門情報サイト

消費者金融プロミスの審査や金利などの情報について徹底比較!! CMでおなじみのプロミスが選ばれる人気の理由とは?

プロミスの返済金額とそのルール

   

00150

最低いくら返せば良い? プロミスキャッシングの返済金額

プロミスでキャッシングを利用する前には、毎月いくら返済すれば良いのか、必ず返済シミュレーションをすることをお勧めします。

一度キャッシングを利用すれば、返済期日は必ずやってきます。

返済期日間際になって困らないように、返済金額や支払うことになる利息はいくらなのか把握しておくことが大切です。

返済金額が十分支払えそうでも、人生の途中ではいろいろなことが起こります。

これなら返せると思って、キャッシングを利用したとしても、思わぬ出来事で返済が厳しくなることもありますから、キャッシングは十分に余裕を持って利用しましょう。

プロミスでは、「残高スライド元利定額返済方式」という返済方式を採用しています。

残高スライド元利定額返済方式では、あらかじめ決められた変動ルールによって返済金額が違ってきます。

しっかりとルールを覚えておき、自分が支払わなければならない返済金額はいくらなのか確認しておきましょう。

 

返済金額の計算の方法

プロミスでは、最終借入残高により最低返済額を決めています。

最低返済額は、次の計算式で簡単に算出できます。

・最終借入残高が30万円以下の場合、借入残高 × 3.61%

・30万円超~100万円以下の場合、借入残高 × 2.53%

・100万円超の場合、借入残高 × 1.99%

どの場合でも、1,000円未満は切り上げとなります。

変動ルールがわかれば、誰でもすぐに最低返済金額を算出することが可能です。

たとえば、最終借入残高が5万円なら、30万円以下は借入残高 × 3.61%となっていますから、5万円× 3.61%で1,805円になることがわかります。

1,000円未満は切り上げになるため、次の返済期日に返済しなければならない返済金額は2,000円です。

簡単な掛け算の計算になりますので、手元にある電卓などで計算してみましょう。

 

利息はいくら?

プロミスのフリーキャッシングの金利適用方式は、「単一金利」となっています。

これは、借入残高が変化しても金利は変化しないという方式です。

逆に、借入残高が増減すると金利も変化する方式を「ステップ金利」と呼びます。

プロミスのフリーキャッシングを新規で利用すると、融資限度額が100万円以下の場合、適用年率は必ず17.8になります。

融資限度額が100万円超の場合は実質年率15.0%が適用されますが、いきなり100万円以上借りられる人はそれほど多くはありません。

年率17.8%で、利息がいくらになるか計算してみましょう。

利息は、次の計算式で算出することができます。

利用金額×年率÷365×利用日数=利息

プロミスでは、利息の日割り計算をしているため、利用日数によって利息が違ってきます。

10万円を30日間借りたとしたら、どれだけの利息を支払う必要があるのでしょうか。

10万円×0.178÷365×30日で、利息は1,463になります。

借入残高10万円の時、返済額は4000円ですから、そのうちの1,463円が利息ということになります。

なお、30日間無利息サービスを利用すれば、この1,463円を支払う必要はありません

 

返済が遅れた場合の「遅延利率金」について

もし、うっかり返済期日を忘れてしまい返済が遅れてしまった場合は、遅延利率金を支払わなければなりません。

遅延利率金は次の計算式で算出ます。

借入残高×遅延利率÷365日×延滞日数

プロミスの遅延利率は20となっていますので、遅延利率20%で計算してみましょう。

■借入残高10万円で7日間延滞した場合

10万円×20.0%÷365日×7

支払わなければならない遅延利率金は383になります。

意外と少ないと思われたかもしれません。

しかし、借入残高が多ければ多いほど、延滞が長くなればなるほど、支払わなければならない遅延利率金は多くなります。

支払わなくてもいいお金を支払うことになるわけですから、できるだけ返済期日に遅れないようにしましょう。

ご返済日お知らせメールなどを活用すれば、返済期日忘れを防ぐことができます。

 

返済金額で変わる返済回数

これまでご紹介した方法で、支払わなければならない返済額を知ることができます。

しかし、返済額はこれらの要素だけで決まるわけではありません。

返済回数を変更することで、返済額も変わってきます。

最高返済回数は、30万円以下36回、30万円超~100万円以下60回、100万円超80です。

基本的に、この最高返済回数の範囲内で返済しなければなりません。

最高回数は決まっていますが、その範囲内であれば何回で完済したとしても問題ありません。

たとえば、30万円を借りたとしましょう。

借入残高が30万円の場合、基本的に36回で返済すれば良く、基本返済金額は1万1,000です。

もし、2万円ずつ返済したとすると、返済回数は18となります。

9,000円プラスして返済するだけで、返済回数が半分になりますので、積極的に返済した方が無駄に払う利息を極力抑えることが可能です。

プロミスでは、インターネット会員に登録すれば、会員ページで簡単に追加返済をすることができます。

返済回数が少なくなればなるほど、支払う利息は少なく済みます。

無事キャッシングができなら、次はできるだけ少ない返済回数で返済できるよう努力しましょう。

 

プロミスの申込方法を確認する

promise02
実質年率 ◎ 4.5%~17.8
限度額 ◎ 1〜500万円
審査スピード ◎ 最短30分回答
融資スピード ◎ (最短)即日融資も可能
融資率 ◎ 人気No.1の成約数

プロミス(SMFGグループ)の3大ポイント

①人気のCM!ブランド力抜群! 融資額、融資率もよくスペックは日本トップクラス。

②なんとネットで3項目での3秒診断。WEB契約なら即日融資も可能

※(お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。)

③最短で30分で審査完了! 無利息期間30日間。なんと最大融資額が500万円。

※詳しくはプロミス公式サイトでご確認ください

↓↓プロミスのお申し込みはこちらから↓↓type1_on

お薦めカードローンランキング

アイフル

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.5~18.0% 500万円 30日
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・30日間無利息サービス

・あなたの銀行口座へ最短で振込み! 土・日・祝日・夜間でも、申込・借入・返済OK!

・フリーター、主婦でも安定した収入があれば申込可能!

プロミス

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.5~17.8% 500万円 30日
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 どちらも
特徴

金利は他と比べると少し高めになりますが、圧倒的に審査に通りやすく、即日融資も可能です。
無利息期間が30日間あるので、給料日前の急な出費などに使いたいサービスです。

かなり簡単にお金が借りられてしまうので、借りすぎには注意が必要です。

モビット

金利 借り入れ限度額 無利息期間
3.0~18.0% 800万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 どちらも
特徴

審査から借入までのスピードが圧倒的に早く、来店不要&電話なし&郵便物なしの「WEB完結申込」で申込めば、申込みから借入れまで、すべての手続きをホームページ上で済ませることができます。

また、急いでいる時はコールセンターに「急いでいる旨」を伝えると審査を急いでくれるという対応もしてくれます。

 - プロミス(SMFGグループ) 返済

promise